bestwebsitehosting-usa.com

窓掃除の時に役立つ道具

窓の簡単で楽な掃除方法

窓掃除の時に役立つ道具 窓の掃除は、案外時間もかかるし、面倒臭さいと考える方は、とても多いと思います。気合いを入れて、窓様洗剤や道具を購入し掃除をするのは、やれば出来るんだが、わざわざ掃除道具を買いに、ホームセンターやショッピングセンターまで車で行くのは時間がかかるし、また今度にしようなんて思う方も、当然いらっしゃると思います。そこで、殆どの、ご家庭にある物で、汚れをキレイに落としましょう。専門の清掃会社でないと落ちない汚れは、流石に無理ですが、普通の汚れならキレイになります。買い物に行く時間がない方など、忙しい方は試してみてください。

今回、オススメする時間がない方の為に利用する窓様掃除道具とは、新聞紙と歯ブラシ、歯磨き粉と窓様に汚れても大丈夫なタオルです。まず最初に、タオルをお湯につけます。熱いので、ぬるま湯でも大丈夫です。濡らしたタオルを、キレイにしたい窓にあて、普通にゴシゴシ窓掃除してください。汚くなったタオルをお湯につけてキレイにします。2回から3回程度繰り返すと、外側の窓の鳥の糞や、内側の汚れがわかります。そこで、その部分的な汚れを歯ブラシで落とします。お湯に歯ブラシを馴染ませ、歯磨き粉をつけます。自分の歯磨きと同じ様に、鳥の糞や内側の部分的な汚れにむかってゴシゴシして下さい。その後、お湯でキレイにしたタオルで窓をゴシゴシ拭きます。更にお湯に馴染ませ、先ほどの汚れをキレイにした歯ブラシに更に歯磨き粉をつけ、同じ様にゴシゴシと歯ブラシで汚れを落とします。同様な行為を数回していただき、最後に新聞紙で、窓全体を拭いて下さい。案外、鳥の糞などキレイに汚れは落ちてます。

大切にして欲しい点は、窓全体をキレイにしますので、一度タオルで窓拭きした後、汚れた状態のタオルで何度も窓拭きしないことです。タオルや歯ブラシが汚れたら、お湯で汚れをキレイにして、窓拭きや部分的な窓掃除をして下さい。歯ブラシは窓全体だけでなくサッシの汚れにも重宝しますので窓掃除が終わったから捨ててしまおうではなく、お湯で馴染ませながら何度が再利用して下さい。